イングリッシュ ドクターズ アカデミー
  タラアロクョスャ エレナヘスコ セニトォオ・ケフ
   
 
 
 
 
   
   
   
   

 

 

 

 

ケォチヲ ケョシュ
 
 
 
   
 
   
   
   
 

フィリピンは東南アジアの赤道の上にまたがる熱帯性気候の島国で、東京から4時間半のフライトの距離にある7107個の大小の島々からなる国である。
フィリピンは長い間、西欧の植民地を経て、部族社会を築いてきた先住民族の文化と西洋文化が理想的に調和している。長年の部族社会から受け継いできた優れた工芸技術、大人を敬う風習、食などの伝統文化と英語の実用化、挨拶、カトリック祝日イベント、チップの習慣などは、西洋文化が調和を成しており、様々な文化を体験したい観光客の足が絶えない。フィリピンは固有語であるタガログ(Tagalog)、英語、地方先住民記号などが使われており、世界第3位の英語圏の国でもある。メディアや学校の授業など、日常生活で英語が実用化されており、留学や語学研修地として脚光を浴びています。

 


長い間、スペイン(1571~1898)と米国(1898~1942)、日本(1942~1945)などの外部勢力の支配を受け、第2次世界大戦が終わった1945年以来、米国の植民地支配下にあるが、1946年7月4日に正式に独立を迎えた。

   
   
   
 
   
   
 
国名
フィリピン共和国
Republic of the Philippines (英語)
Republika ng Pilipinas (タガログ語)
位置
東南アジア 北東あたりアジア大陸の南東の西太平洋に位置
面積
300,000 (日本の約5分の4)
構成
7107の島で構成、全体の65%が山岳地帯
民族
マレー系(90%以上)、華僑、アメリカ、スペイン系の混血
言語
英語 またはタガログ語(Tagalog)
気候
高温多湿な亜熱帯性気候(年平均27℃)
人口
9200万人(2009年推定)
首都
マニラ
国家の形態
共和制
行政単位
地方行政区域は主(province)、市(city)、群(municipality)、バランガイ(barangay)に分類
宗教
カトリック(83%)、プロテスタント(9%)、イスラム教(5%)、仏教とその他(3%)
教育
小学校6年、中学校4年を基本とする10年間の教育課程
GDP
1872億ドル (1人当たりGDP:2011ドル、2010年基準)
通貨
フィリピン ペソ(PHP/ Philippine Peso)、1PHPは約26円
   
   
   
 
   
   
 
   
  フィリピンの通貨は、主として20/50/100/500/1000ペソの紙幣と1/5/10ペソの硬貨に分けられる。小銭の中で0.5/0.10/0.25センターボがあり、これはUSドルのセントの概念で使用されており、金銭の価値が大幅に落ちますが、通用している。100. 25 pesoという金額では、小数点以下の数がセンターボです。硬貨はサイズが大きいほど貨幣価値が大きい。